チャンピックス

チャンピックスの作用機序について

チャンピックスによって高い確率で禁煙することができるのは、その働きがタバコの煙に含まれているニコチンと同じだからです。
タバコを吸うと煙の中のニコチンは脳まで達します。
脳にはそもそもニコチン受容体というものがありますので、それと結び付きます。
そうすると快楽物質であるドーパミンが放出されますので、良い気分になります。
これによって、また次から次にとニコチンを欲したくなり、タバコを吸ってしまってやめられないということになります。
ドーパミンのような物質の場合はニコチンが切れると離脱症状が出てしまいますので、自分でもタバコを止められなくなるというわけです。
これに対して、チャンピックスを飲むと同じように脳まで達し、同じようにニコチン受容体と結び付いてドーパミンが出ます。
この時のポイントは、チャンピックスの場合はニコチンと異なり出るドーパミンが少量だという事です。
チャンピックスを飲んだ時に出るドーパミンの量が、もしニコチンと同じ量だったとします。
そうすると、今度はチャンピックスを飲まないでいると、それはそれで離脱症状が出てしまうことになります。
その点チャンピックスを飲んでの実際のドーパミンの量は少量ですので、禁煙での離脱症状を軽いものにすることができるわけです。
チャンピックスによって、タバコを吸いたい気持ちがなくなってしまいますし、もしタバコを吸ってみたとしても、脳のニコチン受容体はすでにふさがっている状態ですし、ドーパミンの放出という視点で言えば、「少しではあるがドーパミンが今出ている状態」ですので、脳が新たにニコチンを欲することもないのです。
このようにチャンピックスは医学的に禁煙効果が高いことが証明されている薬ですので、他のやり方でこれまで禁煙できなかった人は早く試すべきです。

チャンピックスで禁煙成功するまでの流れ

禁煙したいけど止めることができない。何度も挑戦したけどダメだった。そんな人の声をよく耳にします。
最後の砦として、禁煙外来を受診されてみればいいです。
そこでは喫煙歴や体調変化、アレルギーなどをお医者さんがチェックしたあと、薬を処方してくれます。
薬の中で今よく使われているのがチャンピックスと呼ばれるもので、絶大な効果を発揮しており、世界中で多く使われています。
このチャンピックスとは、禁煙補助剤として、世界初の飲み薬になります。
開発したのは外資系の製薬会社です。チャンピックスには、決まった飲み方があります。
まずは弱い薬を7日間飲み続け、8日目からはやや強めのものを服用していきます。この流れは計12週間です。
飲み忘れが多いと、効果が薄れてきますので、かならず毎日指示どおりに服用してください。
12週間をすぎると、多くはタバコを吸いたくなくなる気分で、禁煙ができるようになっています。
ただし、少なからず12週間すぎてしばらくしてからタバコを吸いたくなる方もいます。
もし吸いたくなるようれあれば、あとは本人の意志の問題です。
12週間後には薬は処方されませんので、「ぜったい止めてやる」といった意志さえあれば禁煙はかならず成功します。
チャンピックスは、あくまでも補助剤です。手助けをしてくれるだけですので、本人の意志が最終的にはかかわってくるのです。
意志の持ちようとして、例えば「吸い続けると、お金がかかって大変なことになる」「タバコはがんになる確率が高いので、家族に迷惑をかけてしまう」「もっともっと健康でいたい」といったことを念頭に置きます。
すると意志は不思議と強くなります。禁煙を望んでいれば、まずは禁煙外来を受診してみてください。きっと望みがかないます。

チャンピックスの副作用を知る

チャンピックスは保険が利用できる12週以内に禁煙できる確率が90%以上という高い数字を残すような優秀な薬ですが、チャンピックスに限らずそういう効き目が強い薬というのは、並行して副作用が出る場合があります。
服用に際しては、その事に注意していくようにしましょう。
まず、服用する時にはそもそも車を運転したりしないように定められています。
これは、眠気が出たりめまいが起こったりする可能性があるからです。
眠気などは、それだけ薬が効いている証拠で、厳密には副作用とは違いますが、もし事故につながったりしては大変ですので、気をつけておくに越したことはありません。
次に、治療を始めると多くは初めの頃、気分が落ち込んだり不安感が強くなったりすることがあります。
これは、チャンピックスの副作用というよりは、タバコを吸うのを我慢したり、禁煙しなければならないという不安から起きるもので、本来は大きく心配する必要はないのですが、特に元々このような症状を感じやすい人は、それが強くなる可能性もありますので、医師に相談していったん服用をやめるなどするといいです。
厳密な意味でチャンピックスの副作用と考えられるのは、頭痛、腹痛、腹部膨満感、便秘といった体調の変化と、不眠のような精神的なものがあります。
このような場合は飲む時間をずらしたりすれば改善することが多いですので、医師に相談していくといいです。
チャンピックスの服用にあたっては、初めの3日間は1日1錠で、1日のうち時間はいつ飲んでもよく、食後ということが決められているだけです。
なので、もしお腹の調子が気になるようなことがあれば飲むタイミングを変えれば問題ない可能性も高いですので、医師に希望を言って変えていくといいです。